平和行事

広島司教区2020平和行事のご案内

平和を願う皆様へ

カトリック広島司教区 教区長 白浜 満
平和の使徒推進本部長 野中 泉
平和行事実行委員会 実行委員長 栗栖 徹

 今年は、戦後75年の節目を迎えています。コロナウイルス感染拡大防止のために、今年の平和行事は規模を縮小し、一般の参加者は教区内に限定しますが、平和発信を強めるために、他教区の皆様を代表する意向で、枢機卿、大司教、司教様方に参加をお願いしています。「平和の糸をつむぐⅡ~すべてのいのちを守るため~」というテーマで行われる今回のプログラムをお送りします。ミサの参加人数が制限されますが、ライブ配信をおこないますので、参加できない場合は、YouTubeでご覧ください。昨年来広されたフランシスコ教皇の下記のメッセージを心に留め、ともに平和のためにお祈りくだされば幸いです。
「主よ、急いで来てください。破壊があふれた場所に、今とは違う歴史を描き実現する希望があふれますように。平和の君である主よ、来てください。私たちをあなたの平和の道具、あなたの平和を響かせるものとしてください。」(広島・平和記念公園での教皇フランシスコのメッセージより2019.11.24)

ライブ配信は平和の使徒推進本部YouTubeチャンネルで行います。ライブ配信されない行事は、広島教区ホームページの「平和行事」コーナーにアップロードいたします。また、過去の平和行事における被爆証言もいくつかアップロードいたします。ご活用ください。

推進本部YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC3buV09CpLI_seOpDHB0MTg

>>平和行事2020ご案内(PDF)

2020年8月5日 プログラムとミサ

>>「教皇の核廃絶の思想とその呼びかけにこたえるために」
    山内清海神父(長崎教区)

>>「教皇フランシスコによる平和をつくるためのアドバイス」
    ホアン・アイダル神父(イエズス会)

>>被爆証言 朴 南珠(パク ナムジュ)さん

>>分科会(1)(2)

>>平和祈願ミサ

2020年8月5日 ミサ

>>原爆とすべての戦争犠牲者のための慰霊ミサ

平和行事(分科会)過去の被爆証言

>>深堀神父の被爆証言

>>早副神父の被爆証言

>>加藤文子さんの被爆証言

平和行事 被爆証言とメッセージ

German version | Hiroshima Hibakusha Testimony: Suzuko Numata
(ANT-Hiroshima)

深堀神父_被爆証言_20140805

日本語版|アマイとサダコの祈り|ヒロシマ、戦争と平和の語り
(ANT-Hiroshima)

YES!核のない未来(あした)に!(歌詞入) Sr.山本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする