平和行事

「広島司教区 2022 平和行事」のご案内

平和を願う皆様へ

2022年6月28日
カトリック広島司教区 司教  白浜 満
平和の使徒推進本部長 瀧井 英昭
平和行事実行委員会 実行委員長   大西 勇史

+主の平和

 終戦77年目を迎えようとしています。世界の平和および核兵器の廃絶を願う皆様のお祈りとそのための諸活動に対して、心より感謝申し上げます。

 さて、新型コロナウイルス感染症に係る様々な制限が緩和され、社会経済活動が通常に戻りつつあります。これを踏まえて、今年の広島市主催の平和式典は、昨年よりも規模を少し拡大して開催する方向で調整がなされています。「広島司教区2022平和行事」のあり方につきましては、実行委員会での話し合いの結果、参加人数を若干緩和するものの、以前のような参加者の宿泊の提供(貸布団で雑魚寝)がまだ難しい状況であるとの判断から、今年も一般の参加者は教区内に限定して、参加人数を制限して行うことになりました。3年連続で、このような措置でなされることについて、皆様にお詫び申し上げたいと思います。8月5日の平和祈願ミサに関して、レオ・ボッカルディ教皇大使も参加される予定ですが、枢機卿、大司教、司教様方には、例年とおり、ご自由な参加をお願いしたいと思います。

 「平和の糸を紡ぐ~愛し合うきょうだいとして生きよう~」というテーマで行われる今回のプログラムをお送りします。ライブ配信をおこないますので、 YouTube でご観覧も可能です。これを活用しながらリモートでの参加も検討していただけますと幸いです。世界の平和のため、とくにロシア軍によるウクライナ侵攻の戦争の終結、また、8月の開催される核拡散防止条約の再検討会議における核軍縮の進展を、ともにお祈りいただければ幸いです。

  なお、ライブ配信は平和の使徒推進本部 YouTube チャンネルで行います。ライブ配信されない行事は、広島教区ホームページの「平和行事」コーナーにアップロードいたします。また、過去の平和行事における被爆証言もいくつかアップロードいたします。ご活用いただけますと幸いです。

*新型コロナウイルス感染状況によっては、変更、中止もございます。
・熱中症予防のため、各自で水分補給できるよう準備お願いします。
・新型コロナウイルス対策のため、参加者を広島教区内の方に限定し、各会場への入場者数を大聖堂150人といたします。必ず本部受付で参加証を受け取ってからご入場ください。マスクの着用をお願いいたします。その他、受付の指示に従って行動してください。

【お問い合わせ】 平和の使徒推進本部 社会司牧担当
 電話:082-221-6017 (月~金 9 時~17 時)
 FAX:082-221-6019
 E-mail info@social-desk.net

2022平和行事プログラム

8月5日

開会あいさつ&基調講演

分科会①「世界平和記念聖堂の保存工事とラサール神父の願い」

平和祈願ミサ

8月6日

英国コベントリー大聖堂で行われる「ヒロシマ・ディ」の行事に送る
広島からの平和メッセージ(カトリック、日本聖公会)

原爆とすべての戦争犠牲者のためのミサ

講演「難民の友に。難民と共に。」

8・6キリスト者平和の祈り

8月9日

長崎原爆犠牲者のためのミサ

世界平和記念聖堂 聖堂案内
ノートルダム清心中・高等学校 高校生 制作

(1)聖堂外観(正面入口など)

(2)聖堂内部①(正面モザイク・ステンドグラスなど)

(3)聖堂内部②(パイプオルガン・聖歌隊席など)、メッセージ

(4)ロザリオの祈り(ステンドグラス)

(5)十字架の道行き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする